亀頭増大の術後にも通院しなければいけないの?

亀頭増大の術後にも通院しなければいけないの?

術後一ヶ月は安静にする

亀頭増大の術後にも通院が必要かどうかは状況によって異なってきます。
手術に使う糸がナイロン製なら、抜糸のために再度病院に行く必要があるでしょう。
使用する糸が吸収糸なら抜糸は必要ありません。
特に痛みや異常がなければ通院する必要はありません。
術後に陰茎のケアをする方法を教わります。
薬の塗り方や包帯の換え方が含まれます。
亀頭増大の術後は自分でケアをすることが出来るので、大抵の場合は問題はないです。
通常の日常生活や仕事は行うことは出来ますが、水泳や激しい運動は避けなければなりません。
術後一か月ほど安静にすれば、性行為も含めてほとんどの活動が出来るようになるのです。
亀頭増大の手術をしても、ほとんどの場合通院は不要です。
しかし、気になることがあるなら遠慮なく医師に質問することが出来ますし、治療をすることは大事だと言えます。
デリケートな場所ですから、ケアをしっかりする必要がありますしそうすることで楽しく暮らすことが出来ます。

手術後に注意するべきなのは何か?

亀頭増大の手術をしたすぐはお風呂に入ることが出来ません。
濡れたタオルで体を拭くぐらいです。
数日したらシャワーを浴びることは出来ますが、湯船には浸かることが出来ません。
薬を塗ったり、包帯を換えたりする必要がありますが、慣れればすぐに行えます。
勃起を起こすような読み物やビデオを見ることは控える必要があります。
陰茎に刺激を与えないで安静にさせることが大事です。
亀頭増大の手術をした後に手術の成果を見たいと思うかもしれませんが、慌ててはいけません。
亀頭がパンツに擦れて痛みを感じるかもしれませんが、慣れるまでは我慢が必要です。
亀頭増大の手術をすると亀頭が常に出ているので痛いですが、徐々に固くなってきます。
陰茎が擦れないような下着を事前に購入しておくのもいいでしょう。
そうするなら、痛みを軽減することが出来ますし、陰茎のポジショニングも決まって安定感を感じることが出来るので安心できます。

まとめ

亀頭増大の手術の後には、通院は必要ありません。
しかし、個人差があるので痛みやかゆみを感じるなら早めに診察することが大事になります。
術後のケアは個人で行いますので、わからないことは事前に聞いておくことが必要になります。
術後一か月は安静が求められますが、日常生活は行うことが出来ますので心配しなくても大丈夫です。
激しい運動や水泳、入浴を避ければ問題はありません。
一か月後には手術前と同じ生活を送ることが出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。